new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

その先へ+ミート

¥3,767 税込

送料についてはこちら

「再現パスタ」とは? お家で誰がつくっても、簡単にPastaクオーレのパスタが「再現」できる。ハイクオリティに特化したお取り寄せ商品のことです。 (※冷凍発送です) 【究極のミートソース その先へ】 ベースのスパゲッティーは、カルボナーラ。そこに、さらにミートソースをかけてしまう。という、「え?!それやっちゃっていいの?!」とある意味、掟破りなパスタです。これは、「ミートソースの新境地」だ!という思いを込めてこのネーミングにしています。味のイメージは、「半熟のオムライスにデミグラスソースがかかってる感じ」です。みんな大好きなあの味。それをパスタで表現しました。そして、このパスタを開発するにあたって一番こだわったのは、カルボ感とミート感のバランスです。どちらかが強すぎるとぼやけてしまい、一緒にする意味がない。となってしまうので、絶妙な黄金比を見つけることに力を注ぎました。それと、一つ一つのパーツのクオリティです。卵は、「名古屋コーチン」の卵。ベーコンは、すりおろした「りんご」と一緒に塩漬けして、りんごの木でスモークした完全に自家製してるものです。実は、カルボナーラソースの中にも、このベーコンを細かく刻んだものが入ってます。チーズは、羊のミルクから作るペコリーノ・ロマーノを使用しています。そして、ミートソーは、「挽肉を使わない」塊の牛すね肉を時間をかけて煮込んで作っています。なので、どちらかと言うとビーフシチューに近いニュアンスです。トロトロ卵に、濃厚なビーフシチューをかけたら、、、美味しくないわけがない!、がこのパスタのコンセプトです。 【炭の香りがする究極のミートソース】 ひき肉で作らないミートソースです。「塊の和牛スネ肉」を炭火で焼いてからホロホロになるまで煮込みます。ソースの味は「仔牛の骨」から出汁を取るところから完全に手作りです。化学調味料、既製品は使用していません。まず「自家製のデミグラスソース」にして、そこから独自の調合でミートソースにしていきます。作り始めてから出来上がるまでに「丸6日」かかります。そして、このミートソースはお皿に盛りつけた時はまだ完成していません。今から召し上がっていただくあなた様と一緒にミートソースを仕上げていきます。というのも「ミートソース」というものを突き詰めて考えた時、「何段階にも肉の美味しさを感じる」ことこそが本当に美味しいミートソースだと僕たちは定義しています。その仕上げとして、パスタの真ん中に「炭火」で焼いた「牛ハンバーグ」をご用意しています。思い切ってスプーンとフォークで崩してください。これが仕上げです。ある意味、牛ハンバーグは調味料に近いポジションかもしれません。あとはしっかりとパスタとミートソースと絡めながらお召し上がりください。「牛骨からとる出汁」「ほろほろに煮込んだお肉」「炭の香りのする牛ハンバーグ」により、お肉の美味しさを何段階にも味わっていただけるミートスパゲッティーが完成しました。