other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

うに牛の和風スパゲッティー

6,766円から10,332円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • +ウニ牛の和風スパゲッティー

    ¥10,332

  • +ブッラータチーズとバジルのトマトソース

    ¥6,766

  • +肉系イカ墨スパゲッティー

    ¥6,866

  • +鮪のタルタルと和風アボカドソースのスパゲッティー

    ¥7,043

  • +夏の“カリオストロの城風”スパゲッティー

    ¥7,043

  • +低温ローストポークの極薄スライスのスパゲッティー

    ¥7,055

  • +炭の香りがする究極のミートソース

    ¥7,055

  • +シン・ナポリタン

    ¥7,136

  • +焼きチーズと自家製ソーセージの辛いトマトソース

    ¥7,236

  • +名古屋コーチンの「ぺぺたま。」

    ¥7,236

  • +鮎のコンフィと濃縮した茄子ソースのスパゲッティー

    ¥7,459

  • +飲めるサーモンのレモンクリーム

    ¥7,559

  • +炭火で焼いた鴨肉のわさびクリーム

    ¥7,659

  • +カニクリームコロッケのスパゲッティー

    ¥8,173

※この価格は2食分の金額です。 ¥6766~¥10332までの間の14種類の組み合わせ商品があります。 ※1週間に作れる量が決まってるので、オーダーが規定量に達した時点で一度sold outとさせていただきます。 「再現パスタ」とは? お家で誰がつくっても、簡単にPastaクオーレのパスタが「再現」できる。ハイクオリティに特化したお取り寄せ商品のことです。 (※冷凍発送です) 【うに牛の和風スパゲッティー】 飛騨牛のシンシンをローストして、その上に贅沢に「生うに」を盛り付けます。シンシンとは、和牛1頭から2キロぐらいしかとれない希少部位す。もも肉のなかに「しんたま」と呼ばれる真ん中のやわらかい部分があり、シンシンはそのさらに限定された中心部分を指します。特徴としては、基本赤身なのにジューシーさもあり、すごくやわらかいところです。「生うに」は、木箱入りのお寿司に使うグレードのものを使用。よく低価格でうにクリームをやっているところなどは、冷凍のボイルうにを使っているところが多いです。それだと見た目はウニでも、味は本物とは程遠いものになります。「生うに」と「飛騨牛」の時価にもよりますが、販売価格が高い分、食材原価率は70%以上とコスパをかなり高く設定しています。このメニューの生まれたきっかけは、Instagramのアンケートでした。「うに牛パスタってどう思いますか?」という質問に対して、「食べてみたい」と答えてくれた方が87%いらっしゃいました。そこから「よし!」っと少しづつ開発して今に至ります。なので先に「うに牛パスタ」が決まっていて、そこからどんなソースを合わせるか?の順番で考えました。そして最終的に行き着いたのが、「焼き海苔とバターと出し醤油」の和のソースです。和牛と合わせるには、うにの存在感をより強調する必要がありました。和牛は強い味を持っているので、うにが負けてしまうからです。やはりお寿司は理にかなっています。海苔があることにより、うにの存在感を何倍にも感じます。パスタが届きましたら、ぜひともカルボナーラに使うこだわり卵の卵黄を、そっと崩してまるでユッケのように、うにと絡めながらリッチな一口目をお召し上がりください。

セール中のアイテム